PR

パンパースが安いドラッグストアはここ!マツキヨ、ウェルシア、ココカラを比較!

おすすめ情報

この記事ではパンパースが安いドラッグストアはここ!と題して、パンパースのオムツがお買い得なドラッグストアを紹介します!

そのほかパンパースの主な種類や特徴、使い方&注意点などもご紹介します!

この記事を読むことで、パンパースをお得に購入し、快適に使っていただけるようになると思いますよ!

>> パンパースはどこが一番安い?西松屋やウェルシア&ドンキamazonと楽天も比較!

\ネット購入なら自分で運ぶ必要ない♪/
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

パンパースが安いドラッグストアはここ!

パンパース オムツ さらさらケア パンツ Lサイズをドラッグストアで比較したところ以下のようになりました!

2023年11月6日時点ではドラッグストアの中でマツキヨが最もお得に購入できそうです!

マツキヨのパンパース価格

マツキヨでは税込で1580円で販売されてました。

ポイントが14ptつくようなので、正味1580-14=1566円ですね!

参考:https://www.matsukiyo.co.jp/store/online/p/4902430148887

ウェルシアのパンパース価格

ウェルシアでは税込1848円で販売されてました。

Tポイントがつくので、正味1848円-16pt=1832円となります!

参考:https://www.e-welcia.com/products/detail.php?product_id=136877

ココカラのパンパース価格

ココカラではセール価格(税込)で1298円で販売されていたようです!

しかし在庫切れとなってました。。

参考:https://www.cocokarafine.co.jp/f/dsg_4902430148887

パンパースの種類と特徴

パンパースの種類には、さらさらケア、肌への一番、おやすみパンツなどがあります。

それぞれの特徴や使用感について紹介します。

パンパースの種類

パンパースには、さまざまな種類があります。赤ちゃんの成長や肌質に合わせて選ぶことができます。

代表的な種類は、以下の通りです。

パンパースさらさらケア

肌に触れる部分が綿100%で、やさしくフィットします。おしっこやうんちを素早く吸収し、肌をさらさらに保ちます。

パンパース肌への一番

肌に触れる部分がシルクのように柔らかく、赤ちゃんの動きに合わせて伸縮します。

おしっこやうんちをしっかりキャッチし、漏れを防ぎます。

パンパースおやすみパンツ

夜間用のパンパースで、最大12時間もの間、おしっこやうんちを吸収します。

肌を乾燥から守り、快適な睡眠をサポートします。

パンパースの特徴

パンパースの特徴は下記の通りです。

パンパースは肌にやさしい

肌に触れる部分は、綿やシルクなどの天然素材や通気性の高い素材を使用しています。

また、無香料・無着色・低刺激性で、赤ちゃんの肌トラブルを防ぎます。

パンパースは吸収力が高い

特殊な吸収体がおしっこやうんちをすばやく吸収し、肌から離します。

また、漏れ防止ギャザーやウエストゴムなどの構造が漏れを防ぎます。

パンパースは使いやすい

サイズや重量などが表示されているので、赤ちゃんに合ったオムツを選びやすいです。

また、テープやマジックテープなどの留め具が使いやすく、取り替えも簡単です。

パンパースの使い方と注意点

パンパースの使い方と注意点は以下の通りです!

パンパースの使い方

パンパースの使い方は、以下の通りです。

サイズの選び方

赤ちゃんの体重や太ももの太さなどに合わせてサイズを選びましょう。サイズが合わないと、漏れや肌あれの原因になります。

取り替えのタイミング

おしっこやうんちをしたら、すぐに取り替えましょう。長時間放置すると、肌に刺激を与えたり、かぶれたりする可能性があります。

取り替えの方法

テープやマジックテープなどの留め具を外して、汚れたオムツを折りたたみます。

新しいオムツを開いて、赤ちゃんのお尻に当てます。

前後を確認して、留め具でしっかり固定します。

パンパースの注意点

パンパースを使用する際に気をつけるべき点は、以下の通りです。

  • サイズを選ぶときには、赤ちゃんの体重だけでなく、太ももやお腹の太さも考慮しましょう。サイズが合わないと、漏れやかぶれの原因になります。
  • パンパースを交換するときには、赤ちゃんのおしりを清潔に拭いてから新しいものにしましょう。汚れたままだと、菌が繁殖してかぶれや感染症のリスクが高まります。
  • パンパースを捨てるときには、中身をトイレに流してから袋に入れて捨てましょう。中身が残っていると、臭いや虫の発生の原因になります。
  • パンパースは使い捨てですので、再利用しないでください。再利用すると、衛生面や品質面で問題が生じる可能性があります。

以上、パンパースの注意点についてでした。

パンパースを使うときには、これらの点に気を付けて、赤ちゃんの健康と快適さを守りましょう。

パンパースが安いドラッグストアはここ!まとめ

以上、まとめると下記のようになります。

  • パンパースは、赤ちゃんの肌にやさしい素材を使用しています。
  • 吸収力が高く、漏れにくい構造になっています。
  • ドラッグストアで購入する場合、マツキヨが最もお得購入できる。
  • クーポンやセール情報を活用することで、よりお得に購入することができます。
  • 使い方や注意点についても押さえておきましょう。

↓関連記事

パンパースはどこが一番安い?西松屋やウェルシア&ドンキamazonと楽天も比較!

新生児のオムツが安い店!amazon&楽天の売れ筋ランキングを徹底比較

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました