PR

大阪万博2025チケット販売はいつから?購入方法や値段&種類、障害者割引も徹底解説!

おすすめ情報

こんにちは、大阪万博2025のファンの皆さん!

大阪万博2025は、2025年4月13日から10月13日までの184日間、大阪府吹田市の夢洲(ゆめしま)で開催されます。

大阪万博2025のテーマは「人類の知恵と技術の共創」で、世界中から約170カ国・地域が参加する予定です。

そんな大阪万博2025に参加するためには、チケットを購入する必要がありますが、チケット販売はいつから始まるのでしょうか?

また、チケットの購入方法や値段、種類、障害者割引などについても知りたい方も多いと思います。

そこで、この記事では、大阪万博2025チケット販売に関する最新情報をお届けします。

ぜひ参考にしてください!

大阪万博2025チケット販売はいつから?

大阪万博2025のチケット販売の開始時期はチケットのタイプによって異なります。

オープンチケット

オープンチケットは各券種における入場期間内に1回入場することが可能ですが、購入時は日付が指定されていないチケットをいいます。

購入後、来場希望日の6ヶ月前より自身で公式Webサイトで来場日を予約する必要があります。2023年11月30日~2024年10月12日までは「オープンチケット」での販売となります。

大阪万博2025のオープンチケットは、2023年11月30日から2024年10月12日まで販売されています。

来場日時付チケット

来場日時付チケットはその名の通り、「来場日が記載されている」チケットになります。

来場日時付チケットの発売は2024年10月13日から順次発売となります。

具体的な販売スケジュールは以下の通りです。

  • – 2024年10月:先行抽選販売(国内外)
  • – 2024年12月:一般抽選販売(国内外)
  • – 2025年1月:先着順販売(国内外)
  • – 2025年4月~10月:当日券販売(国内)

先行抽選販売と一般抽選販売では、日付指定券やパスポート券などの各種チケットをオンラインで申し込み、抽選で当選した場合に購入できます

先着順販売では、在庫がある限りオンラインやコンビニなどで直接購入できます。

当日券販売では、会場近くのチケットセンターや自動券売機で購入できますが、混雑や完売の可能性が高いので注意が必要です。

大阪万博2025チケットの購入方法

公式HPから購入が可能です。

チケットはネット受付で予約購入することができますが、公式HPからIDの登録が必要です。

登録後は来場日時の指定別館のパビリオンの観覧予約などをすることができます。

チケットは電子チケットとなっており、公式HPまたは旅行代理店などでも購入することができます。

大阪万博2025チケットの種類、値段について

大阪万博2025チケットの種類と値段については以下の通りです。

前売り限定チケット

会期の前半に利用できる開幕券・前期券と、会期中いつでも1回入場できるチケットの超早期購入割引・早期購入割引の4種類があります。

種類説明大人(18歳以上)中人(12歳以上17歳以下)小人(4歳以上11歳以下)
早割一日券期間限定販売で、会期中いつでも1回入場可能なチケット6,700円3,700円1,700円
超早割一日券期間限定販売で、会期中いつでも1回入場可能なチケット6,000円3,500円1,500円
前期券開幕日から2025年7月18日まで1回入場可能なチケット5,000円3,000円1,200円
開幕券開幕日から2025年4月26日まで1回入場可能なチケット4,000円2,200円1,000円

チケットは通常前売りで販売されており、時期によって価格が異なります。

  • 早割一日券2024年10月7日から2025年4月12日まで
  • 超早割一日券2023年11月30日から2024年10月6日まで
  • 前期券開幕日から2025年7月18日まで
  • 開幕券: 2025年4月26日までです。

複数回入場パス

何回も入場したい方のために、おすすめです。

2種類の複数回入場パスがあります。

種類説明大人(18歳以上)中人(12歳以上17歳以下)小人(4歳以上11歳以下)
通期パス開幕日から2025年10月3日まで、毎日11時以降に入場可能なチケット30000円17000円7000円
夏パス2025年7月19日から8月31日まで、毎日11時以降に入場可能なチケット12000円7000円3000円

障害者割引チケット(特別割引券)

障がい者手帳等をお持ちの人と同伴者(1名)のために、いつでも1回入場できる特別割引券があります。

種類説明大人(18歳以上)中人(12歳以上17歳以下)小人(4歳以上11歳以下)
障害者割引チケット(特別割引券)障がい者手帳等をお持ちの方と、同伴者(介助者)1名分の購入が可能3700円2000円1000円

会期中チケット

会期中に販売するチケットは一日券と、平日限定で入場できる平日券、夜間のみ入場できる夜間券の3種類があります。

種類説明大人(18歳以上)中人(12歳以上17歳以下)小人(4歳以上11歳以下)
一日券会期中に購入できて、いつでも1回入場可能なチケット7500円4200円1800円
平日券会期中に購入できて、「平日」の午前11時以降に1回入場可能なチケット6000円3500円1500円
夜間券会期中に購入できて、「17時以降」に1回入場可能なチケット3700円2000円1000円

団体チケット

団体チケットは一般の人に適用される「一般団体割引券」と、高校生以下に適用される「前期学校団体割引券」と「後期学校団体割引券」の3種類があります。

種類説明大人(18歳以上)中人(12歳以上17歳以下)小人(4歳以上11歳以下)
一般団体割引券15名以上の一般団体が、会期中いつでも1回、同時入場可能なチケット6300円3500円1500円
種類説明高校生中学生・小学生・園児
前期学校団体割引券学校団体が開幕日から2025年7月18日までに1回、同時入場可能なチケット2000円1000円
後期学校団体割引券学校団体が2025年7月19日から10月13日までに1回、同時入場可能なチケット2400円1000円

大阪万博2025チケットの障害者割引とは?

大阪万博2025の障害者割引チケット(特別割引券)は、「障害者手帳をお持ちの方および同伴者1名」が購入可能です。

開催期間中はいつでも入場が可能なので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

価格は大人3,700円、中人2,000円、小人1,000円となっています。

障害を持っている方でも配慮がしっかりとしているため、開催が待ち遠しいですね。

大阪万博2025チケット販売はいつから?まとめ

  • 大阪万博の2025のチケットはオープンチケットと来場日時付チケットの2種類
  • オープンチケットの販売は2023年の11月30日から
  • 来場日時付チケットの販売は2024年10月13日から順次発売8
  • 公式HPから購入が可能
  • 購入時期によって価格が異なる
  • チケットは大きく「前売り限定チケット」、「複数回入場パス」、「障害者割引チケット(特別割引券)」、「会期中チケット」、「団体チケット」の5種類がある
  • 障害者割引チケットは「障害者手帳を持っている方」「同伴者1名」が購入可能

2025年に開催予定の大阪万博ですが、チケットの販売はもうすでに開始されています。

購入する時期によって価格が変わりますので、気になっている方は早めに動く方がいいでしょう。

万博がもたらす経済効果は、2兆円を超えるとも想定されています。

現在は日本国内が不景気なので、今後の経済活性化が期待できるのではないでしょうか。

日本の最新技術が展示される大阪万博は、人気間違いなしです。

当記事を参考にして、チケットは早めに入手するようにしましょう。

↓関連記事

ミャクミャクグッズはどこで買える?いつ買える?販売店や販売場所まとめ。

ミャクミャクぬいぐるみの再販はいつ?オンラインショップ通販や店舗情報も調査!

大阪万博2025ホテル予約はいつから?おすすめや場所&アクセス方法も紹介

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました