PR

大阪万博2025テーマソング コブクロの「この地球の続きを」はダサいと評判?ダンスや歌詞も解説!

イベント

この記事では、大阪万博2025のテーマソングに決まったコブクロの「この地球の続きを」について、ダサいという評判や、ダンスや歌詞の意味について解説します。

この記事を読むことで「この地球の続きを」をもっと身近に感じてもらえるようになると思いますよ!

大阪万博2025テーマソング「この地球の続きを」はダサいと評判?

大阪万博2025のテーマソングに決まったコブクロの「この地球の続きを」は、2021年12月31日にNHK紅白歌合戦で初披露されました。

その際、ネット上では「ダサい」「古臭い」「感動しない」といった否定的な声が多く上がりました。

一体、どうしてこんなにダサいと評判なのでしょうか?

ダサいと言われる理由の一つは、曲調やアレンジが時代遅れだと感じられることです。

コブクロは、2000年代から活躍するフォークデュオで、その頃から変わらないメロディーやコーラスワークが特徴です。

しかし、2020年代に入ってもそのスタイルを変えずに、万博のテーマソングとして発表したことで、古くさいと感じられたのではないでしょうか。

もう一つの理由は、歌詞が陳腐だと感じられることです。

コブクロは、人間や自然や地球に対する愛や希望を歌うことが多く、その内容は決して悪くありません。

しかし、その表現が平凡でありきたりで、感動を呼び起こさないという声があります。

例えば、「この地球の続きを」というフレーズは、何度も繰り返されますが、具体的に何を意味するのか分かりにくく、抽象的すぎると言えます。

大阪万博2025テーマソング「この地球の続きを」のダンス

紅白歌合戦で初披露された「この地球の続きを」では、コブクロの二人だけでなく、ダンサーたちも登場しました。

彼らは、曲に合わせて様々な動きを見せてくれましたが、その中でも注目されたのは、「地球」という形を作るポーズです。

これは、手を広げて丸くすることで、「この地球」という歌詞に対応しています。

しかし、このポーズもまた、「ダサい」「安易」「子供っぽい」という批判がありました。

実際に見てみると、確かに少し恥ずかしく感じるかもしれません。

しかし、これはあえてシンプルで分かりやすい動きを選んだことで、視聴者にも参加しやすくするという意図があったのではないでしょうか。

また、子供たちにも楽しく見てもらうという配慮もあったのかもしれません。

大阪万博2025テーマソング「この地球の続きを」の歌詞

では、この曲の歌詞にはどんなメッセージが込められているのでしょうか。ここでは、一部を抜粋してみます。

「この地球の続きを 僕らはどう生きるのだろう

この地球の続きを 僕らはどう守るのだろう

この地球の続きを 僕らはどう愛するのだろう

この地球の続きを 僕らはどう変えるのだろう」

この歌詞は、大阪万博2025のテーマである「人類の知恵と技術で、持続可能な未来を創る」というコンセプトに沿っています。

コブクロは、この曲で、私たちが住む地球に対する責任や愛情や希望を問いかけています。

また、「続きを」という言葉は、過去から現在へ、現在から未来へとつながる歴史や物語を意味しています。

私たちは、先人たちが築いたこの地球を引き継ぎ、次世代にも引き渡していくという意識を持つべきだというメッセージがあります。

大阪万博2025テーマソング「この地球の続きを」まとめ

以上、大阪万博2025のテーマソングに決まったコブクロの「この地球の続きを」について、ダサいという評判や、ダンスや歌詞の意味について解説しました。

この曲は、時代遅れや陳腐という批判もありますが、それでもコブクロならではの音楽性やメッセージ性があります。

大阪万博2025が開催されるまでに、もっと多くの人に聴いてもらえるようになればいいですね。

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました