レーサムの今期と過去4期分の決算を分析しました。(財務編)

分析

レーサム(8890)の財務状況についても分析してみました。

参照:はっしゃん決算分析シート

上のグラフの棒グラフは、4期前からの1株(総)資産や1株資本(純資産)、折れ線グラフは理論PBR(理論株価÷純資産)と実際のPBRを示しています。

1株(総)資産や1株資本(純資産)は概ね右肩上がりの傾向が続いています。稼いだ利益を資本に組み込んで1株あたりの総資産や資本が順調に増えていることがわかります。

今期は前期と比較すると、このままのペースで行くと同等ないし微減になる見込みですが、まだ第一四半期なのでさほど心配する必要はないと思います。

理論PBRは2期前に大幅に落ち込んでいますが、これはコロナ禍の影響によるもので、それからは右肩あがりに直近では3倍近くまで上昇しております。

一方、実際のPBRは1倍未満で横ばいの状態が続いておりますので、PBRの観点からみてもかなり割安であることがわかります。

最近株価が上昇傾向にありますので、実際のPBRと理論PBRの乖離が徐々に狭まってくると予想しています。

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
分析
スポンサーリンク
当ブログに共感いただけたなら、また読みにきていただけると嬉しいです!読んでくれる人が多くなると更新するやる気に繋がります!^^
株レラをフォローする
割安成長株投資で億万長者を目指すブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました